2010年01月26日

資格変更200件申請か 老舗旅館社長ら書類送検(産経新聞)

 富山県黒部市宇奈月温泉の老舗旅館「延楽」が、仲居としての就労資格がないと知りながら中国人を働かせていた事件で、中国人の在留資格変更を申請した東京都墨田区の男性行政書士(70)が、警視庁組織犯罪対策1課の事情聴取に「ブローカーに頼まれて、これまでに約200件の申請を行った」と話していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。同課は同日、入管難民法違反(不法就労助長)などの疑いで、延楽の男性社長(59)と行政書士を書類送検した。

 捜査関係者によると、行政書士は中国人ブローカーの男(33)=同法違反罪で起訴=から依頼を受け、「平成20年4~12月ごろにかけ、約200件の中国人の在留資格変更を申請した。報酬は1件あたり約1万円だった」と供述。延楽はブローカーの仲間が経営する人材派遣会社を通じて、中国人を受け入れていた。同課はブローカーらが大規模な不法就労にかかわっていたとみて調べている。

<札幌女性殺害>防犯カメラに不審な男 被害者追い横切る(毎日新聞)
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入-大阪(時事通信)
出雲大社本殿の大屋根に伝統工芸技法で雨漏り防止対策 (産経新聞)
29日朝 北浜にメイド集合 ご主人さま いってらっしゃいませ (産経新聞)
「参院選にマイナス」小沢氏行脚に地方組織戸惑い(読売新聞)
posted by 8rjluu2xud at 11:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。