2010年03月26日

男性教授を停職6カ月=学生の受講拒否-静岡大(時事通信)

 女子学生に対し受講を拒否するアカデミックハラスメントをしたなどとして、静岡大学は19日、40代の男性教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 同大によると、教授は親密になった女子学生との勉学面を含むあらゆる関係を一方的に断ち切ろうとし、2007年、女子学生が授業2科目の受講申請をした際、受講要件を追加したり、他の講義を勧めたりするなどし受講を拒んだという。
 女子学生は在学中の08年4月にセクハラ防止対策委員会に申告した。既に卒業しており、教授は「本人や大学関係者に迷惑を掛けたことをおわびしたい」と話しているという。 

【関連ニュース】
セクハラ准教授を解雇=女子学生の体触る
セクハラ教授を免職に=3年間繰り返す
警部自殺は「パワハラ原因」=遺族、元上司ら提訴
機動隊員が自殺未遂=上司が暴行、パワハラも
女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職

カブト・クワガタ108匹盗む、容疑の男逮捕(読売新聞)
普天間移設 23日最終調整 県内2案軸に検討(産経新聞)
自民、温暖化対策対案を提出 政府案より緩めに設定 (産経新聞)
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%(医療介護CBニュース)
期限切れワクチン接種=小学生4人に-前橋市(時事通信)
posted by 8rjluu2xud at 22:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。